HOME>特集>日本交通で働こう!タクシードライバーの基礎知識

タクシードライバーになる前に

タクシードライバーとして働く方法はいろいろあるので、双方のメリットを学んでおきましょう。

日本交通で働こう!タクシードライバーの基礎知識

運転手

タクシードライバーに向いている人

タクシードライバーはお客さんを相手にするので、コミュニケーション力が鍵となります。そして、お客さんの中にはトークが苦手な方もいるので、同時に洞察力も必要だと言えるでしょう。また、お金を支払われる際に計算しなければならないので、暗算ができればスムーズに会計ができます。そして、長時間車の運転をするので、ドライブ慣れしている方が好ましいです。それだけでなく、地理に詳しければどこのタクシー会社でも働けるでしょう。

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーになるためには二種免許という資格が必要不可欠となっています。これを習得するためにはまず21歳以上であり、更には第一種免許を習得して3年が経っていることが前提だと言われています。そして、少数ですが地理試験に合格してなければならない場合もあります。また、二種免許を習得していなくても日本交通などの大手の会社では働きながら免許を習得することが可能なところもあります。ですので、まずはサポート態勢が整っている会社を受けるといいでしょう。

研修体制がバッチリだから安心

二種免許を取得したからといってすぐに1人で仕事を任されるわけではありません。なぜなら、タクシーには自動ドアや無線機などがあり、普段扱わないのでその扱い方をマスターするまでは独り立ちできません。また、集客率の高い時間帯などの指導を受けることもありますよ。これらが終わったら晴れてタクシードライバーとしてデビューできるのです。

広告募集中