HOME>記事一覧>逆質問をされる理由とは?面接で合格するコツ

逆質問の内容について

面接で逆質問をして良かったことを聞いてみました。面接の時に迷わないようにチェックしておくといいでしょう。

逆質問をされる理由とは?面接で合格するコツ

面接

逆質問をするのには理由がある

よく面接の最後に面接官から質問をされますよね。それを世間一般的には逆質問と言われています。では、なぜ逆質問をするのかというと、面接を受ける人が自分たちの会社にどのくらい興味を持っているのかを知るためだとされています。他にも、会社の情報をどれだけ知っているのか見極めるためでもすることがあります。それだけでなく、会社の社風などが合わずすぐに退社する人が多いので、お互いの理解力を高めるために逆質問をするのです。ですので、面接に行くのなら事前に会社の情報をホームページなどでリサーチして質問内容を考えてから挑むのがベストです。

NGパータンを知ることも大切

働くならどのくらいの給与や休暇がもらえるのか気になるところですよね。しかし、いきなり給与面の話や有給休暇の有無について逆質問をしてしまうと、この人は働く気がない人だと面接官に思われてしまう恐れがあります。他には、社風や職場の雰囲気などざっくりした質問ですと、どう回答していいか迷ってしまうので、具体的に人間関係は良好ですかなどの質問をするといいかもしれませんよ。そして、面接官が答えにくいような業務内容などを聞くと自己中心的な人だという印象を与えかねません。こういったことに注意して面接を受ければ合格を狙えますよ。

広告募集中